Fashion Product [ファッション総合情報サイト]

10代,20代,30代,40代向けのレディースファッションの総合サイト

【事例公開】シタテルがメイクアップアーティストブランド「ADDICTION 」のユニフォーム製作を通じブランディングを支援 by PR TIMES

time 2020/08/28

【事例公開】シタテルがメイクアップアーティストブランド「ADDICTION 」のユニフォーム製作を通じブランディングを支援 by PR TIMES
Pocket

シタテル株式会社のプレスリリース(2020.08.28)

シタテル株式会社

【事例公開】シタテルがメイクアップアーティストブランド「ADDICTION」のユニフォーム製作を通じブランディングを支援

~海外コレクションでの経験を持つHARUNOBUMURATAを起用。「スイッチの入る」デザインで意識改革~

 人・しくみ・テクノロジーで衣服の価値を変えるシタテル株式会社(本社:熊本県熊本市、
代表取締役:河野秀和、
以下シタテル)は、
株式会社コーセー(本社:東京都中央区、
代表取締役社長:小林一俊、
以下コーセー)のメイクアップアーティストブランド「ADDICTION」のユニフォーム製作をサポートいたしました。

▼事例インタビューの全容はこちらからご覧いただけます

https://sitateru.com/case/addiction/

エッジが効いたブランドと、
シタテルがネットワークする、

新進気鋭デザイナーの幸運な出会いが生んだ「スイッチが入るユニフォーム」

ブランド11年目を迎えるADDICTIONより依頼を受け「メイクアップアーティストブラント」としての価値を体現することや、
パーソナルアドバイザー(以下PA)のモチベーション向上などを目的に、
ユニフォームのリニューアル製作をサポートしました。

デザイナーは、
シタテルのデータベースより、
海外ブランドのコレクションに長く携わっていた、
「HARUNOBUMURATA」の村田 晴信氏にデザインを依頼。

村田氏がバックステージで見たメイクアップアーティストからインスパイアされ、
一つひとつの所作を美しく引き立たせることにフォーカスしたデザインで、
ユニフォームを着用したPAさんのモチベーションが上がり、
現場の店舗で美しく輝きながら、
仕事をしていただくための仕掛けが随所に施されています。

ユニフォームデザインの「ポイント」

単なるユニフォームのリニューアルではなく、
着用すると「スイッチが入る」「プロフェッショナルな気持ちになる」という意識の変化を考えてデザイン。
デザインのポイントは多岐にわたりますが、
特に以下のポイントに注力しております。

1.メイクアップアーティストになるための仕掛け

カットソーの首元にボタンをあしらい、
そこにベルトを付けることで、
着用したPAさんが首元に手を回しボタンを留める時に「スカーフをきゅっと締めるよう、
スイッチが入りプロフェッショナルな気持ちになる」ための仕掛けとしてデザイン

2.ブランドロゴの表記で意識の共有

ベルトに「ADDICTION」のロゴを表記し、
お客様への訴求と同時にチームの一員として、
スタッフの意識を共有させるためのデザインに。
前に垂らしたり、
後ろへたなびかせたりすることができ、
着こなしで個性も表現できる仕様

3.ディテールのこだわり

ジャケット袖のスリットを上下逆に入れることで、
お客様にメイクアップを施す時、
袖の内側の別素材の生地が見えたり、
近づいた時に特注のロゴが刻印されたボタンが見えるようになっていたり、
動作の中にデザインが現れることにもこだわっている

▼事例インタビューの全容はこちらからご覧いただけます

https://sitateru.com/case/addiction/

■株式会社コーセー 戦略ブランド事業部 上井紫帆様 コメント

 

ユニフォームの変更が、
店頭におけるブランドの理解促進に貢献していると感じます

新しいユニフォームは今年の1月より着用しておりますが、
現場でお客様と対面するPAのモチベーションも変わり、
ブランドの理解促進を強化するという当初の目的に対し、
ユニフォームの変更が一定の効果を発揮していると感じています。

シタテルには当初期待していた「単なるユニフォームの提案」のみではなく、
才能あるデザイナーさんを起用して頂き「ブランドを体現するための考え方の提案」でこちらのニーズに寄り添って頂き大変満足しています。

■HARUNOBUMURATA デザイナー 村田晴信氏 コメント

 

海外のコレクションの現場で見て感じたリアルな風景を再現することが、
店頭でブランドコンセプトを強く印象づけるユニフォームになる

海外ブランドのコレクションに長く携わっていた経験もあり、
ショーのバックステージの雰囲気をPAさんたちのユニフォームを通じて、
お店に持ち込むデザインにすれば良いと直感的に感じました。

全ては、
このユニフォームを着用したPAさんたちのモチベーションが上がり、
現場の店舗で美しく輝きながら仕事をして頂くためのデザインです。

PAさんたちの動きや所作は、
まさにコレクションのバックステージで働くプロフェッショナルの姿となり、
私が現場で体験した感動をADDICTIONのお客様に感じて頂ければ嬉しいです。

▼詳細はこちらから:シタテル導入事例
着用したスタッフがブランドコンセプトを理解し体現できるデザイン

https://sitateru.com/case/addiction/

■シタテル株式会社
衣服生産プラットフォーム事業を運営。
「人・しくみ・テクノロジーで衣服の価値を変える」をミッションに掲げ、
衣類の生産インフラを必要とする人々が、
いつ、
どこであっても自由に服をつくることができるようなプラットフォームを提供。
国内を中心とした1,000社の縫製工場・生地メーカー等と連携、
16,000社のブランドやデザイナーが登録している。
(2020年3月1日現在)

〈会社概要〉
・会社名:シタテル株式会社
・代表取締役:河野 秀和
・事業内容:インターネットによる衣服生産のプラットフォーム事業の運営
・資本金:1億円
・従業員数:82名(2020年3月1日現在)
・設立:2014 年3 月   
・本社:〒862-0956 熊本県熊本市中央区水前寺公園28-23 2階
・東京支社:〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-1-19 青葉台石橋ビル8階
・Webサイト:
https://sitateru.com

プレスリリース素材ダウンロードhttps://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=41863&release_id=48

当リリースの詳細について

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000041863.html

※このメールは自動送信されていますので、返信はご遠慮ください。

この企業からのメール配信停止
 | 
全メール配信停止
 | 
HTMLメール配信停止

発行:株式会社PR TIMES

Copyright (c) PR TIMES Inc. All Rights Reserved.

Pocket

sponsored link

コメントを残す

みなさまポチッと1票お願いします↓↓↓↓↓↓

翻訳ツール



sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。