Fashion Product [ファッション総合情報サイト]

10代,20代,30代,40代向けのレディースファッションの総合サイト

【株式会社 双葉通信社】 コロナ禍で「ものすごくおしゃれな女子=MO J」のファッション消費動向はどう変わった?「MOJ WITHコロナの暮ら しに関するアンケート」調査結果発表 by PR TIMES

time 2020/09/09

【株式会社 双葉通信社】 コロナ禍で「ものすごくおしゃれな女子=MO J」のファッション消費動向はどう変わった?「MOJ  WITHコロナの暮ら しに関するアンケート」調査結果発表 by PR TIMES
Pocket

株式会社 双葉通信社のプレスリリース(2020.09.09)

報道関係者各位

株式会社 双葉通信社

コロナ禍で「ものすごくおしゃれな女子=MOJ」のファッション消費動向はどう変わった?「MOJ WITHコロナの暮らしに関するアンケート」調査結果発表

「ものすごくおしゃれな女子=MOJ」の66%が緊急事態宣言後に洋服を購入。増えるオンライン購入では「試せないことへの不安・不満」を解消したい

株式会社双葉通信社(本社:東京都中央区、
代表取締役社長:大川博)は、
独自のネットワークで集めたZ世代・ミレニアルズの「ものすごくおしゃれな女子=MOJ(以下MOJ)」に対し、
コロナ禍におけるファッション・美容の消費動向を探る「MOJ WITHコロナの暮らしに関するアンケート」を実施しました。

本アンケート調査に先立って、
2019年10月~2020年1月にMOJ 107名のデプスインタビューを実施。
インタビューに参加したMOJの関心事や消費行動が、
その後のコロナ禍でどのように変化したか追跡しています。

MOJ WITHコロナの暮らしに関するアンケートレポート

【調査概要】
調査手法:「MOJインタビュー」参加者107名に対する追跡WEBアンケート
回答者数:Z世代・ミレニアルズの女子(18歳~35歳)67名(回収率63%)
調査期間:2020年7月13日~7月19日

【調査結果サマリー】

ファッションへのモチベーションは低下しても、
66%が緊急事態宣言以後に洋服を購入

「ブランドやショップのインスタライブ・Vライブ・ライブショッピング」に高いニーズ

ファッションアイテムの購入はオンラインにシフト。
「試せないことの不安・不満」を解消したい

【調査結果詳細】

1. ファッションへのモチベーションは低下しても、
66%が緊急事態宣言以後に洋服を購入

MOJが緊急事態宣言中から7月中旬までに購入した商品のトップは「洋服」(66%)。
巣ごもり生活に必要な「スキンケア化粧品」(58%)や「本・雑誌」(54%)よりも、
購入率は上でした。

理由として、
自粛生活の反動や、
例年より早く始まったオンラインセール、
店舗休業で春夏物を購入できなかったことが考えられます。
一方で、
緊急事態宣言の解除後「ファッションへのモチベーションが上がっている」と答えたMOJは16%にとどまりました。
「お洒落して出かけたいけれどコロナ感染拡大も心配」「外出が減り、
イベントもなく、
はりきってお洒落する場がないこと」が要因となっています。

2. 「ブランドやショップのインスタライブ・Vライブ・ライブショッピング」に高いニーズ

緊急事態宣言中から7月中旬にかけて、
MOJの45%が「ショップスタッフの投稿するレビュー」を利用。
ファッション商品の購入を考える際、
スタッフの着用画像やコメントを参考にしています。

また「ブランドやショップのインスタライブ・V LIVE・ライブショッピング」は39%が利用。
今後の利用・閲覧意向は36%で、
高いニーズが窺えます。
オンラインのライブでは双方向のやりとりができ、
参加感も味わえるため、
リアルイベント代わりの娯楽にもなっています。

コロナ禍で注目された「ショップスタッフとのチャット、
ZOOM試着・問い合わせ」の利用経験はまだ1%ですが、
今後の利用・閲覧意向は19%となりました。

3.  ファッションアイテムの購入はオンラインにシフト。
「試せないことへの不安・不満」を解消したい

今後のファッション商品の購入経路について聞いたところ、
「インターネットでの購入機会」が「増える+やや増える」計83%に達しました。
コロナの感染拡大状況により変動の余地はあるものの、
実店舗でショッピングしたいけれどまだ行きにくく、
オンライン購入へのシフトが進んでいます。

[コロナ禍でMOJがファッション・コスメブランドに望むこと]

 
 

ECの改善

ファッション商品のオンライン購入が増え、
実物を試せないことへの不安・不満から、
ブランドのECの改善が望まれています。
費用面では「送料無料」「返品無料」、
購入の失敗を避けたいため「写真を盛らないで」「画像を複数カット掲載してほしい」「着用モデルのサイズ明記」が挙がりました。

コスメのトライアル機会の創出

コスメは感染拡大防止策でテスターが自由に使えず、
「買いたいのに試せない」「デパコスは高いのに試せない」と不満が大きくなっています。
使い切りのサンプルやバーチャルメイク体験など、
トライアルを増やす施策が望まれています。

マスクのある日常をもっと楽しく

どうせマスクをしなければならないなら、
より快適に、
楽しく過ごしたいのがMOJ。
「マスクをしても崩れないベースメイク」「マスクも含めたトータルコーディネート」の要望が出ています。

今だからこそ「非日常」と「夢」が欲しい

ファッションへのモチベーションが上がらないからこそ、
「リアリティ一辺倒ではなく、
もっとクリエイティブな服やデザインが見たい」「楽しい服を見たい」との声が挙がりました。
コロナ禍でもポジティブでいたい気持ちが窺えます。

———————————————-
<参考:MOJ 107名インタビューレポートとは>
双葉通信社のネットワークを通じて集めた、
Z世代・ミレニアル世代「ものすごくおしゃれな女子」のファッションライフを深堀りするインタビューレポート。
「ファッション」を軸に、
「情報接触」「インフルエンサー」「バックグラウンド」「価値観」「ライフスタイル」の視点でまとめ、
11のペルソナをあぶり出しました。
 

【調査概要】
調査手法:機縁法によるデプスインタビュー
対象者条件:「ファッション購買力・高」「ファッション関与度・高」「ファッションメディア接触・高」「ファッションコミュニティ参加力・高」のいずれかに該当する18~35歳の女子
調査人数:107名
調査期間:2019年10月28日~2020年1月22日
調査企画:株式会社双葉通信社
実査       :株式会社双葉通信社、
株式会社シー・ユー

【レポート構成】
1.  インサイト・ペルソナ編
2.  年代別編
3.  データ編
———————————————-
<株式会社 双葉通信社について>
社 名:株式会社 双葉通信社
創 業:1948年12月
代 表:代表取締役社長 大川 博
本 社:東京都中央区日本橋2丁目1番10号柳屋ビル3F
資本金:3000万円
年 商:69億円(2019年度)
従業員:90名
U R L  :
http://www.futaba-ad.co.jp

創業70年以上の歴史を持つ広告会社。
主にファッションのフィールドで雑誌媒体を中心にビジネス展開。
早くからAD&PRのMIXプランを得意とし、
現在は培った強みにクロスメディアとインターネットソリューションの提案力を加え、
課題解決型コミュニケーションパートナーとして機能。

<記事等でのご利用にあたって>
本プレスリリースの内容を引用される際は、
以下のご対応をお願いいたします。

・引用元が株式会社双葉通信社「MOJ WITHコロナの暮らしに関するアンケート調査」であることの明示

<調査レポートに関するお問い合わせ>
株式会社双葉通信社 マーケティングチーム
E-mail: marketing@futaba-ad.co.jp

プレスリリース素材ダウンロードhttps://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=20308&release_id=9

当リリースの詳細について

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000020308.html

※このメールは自動送信されていますので、返信はご遠慮ください。

この企業からのメール配信停止
 | 
全メール配信停止
 | 
HTMLメール配信停止

発行:株式会社PR TIMES

Copyright (c) PR TIMES Inc. All Rights Reserved.

Pocket

sponsored link

コメントを残す

みなさまポチッと1票お願いします↓↓↓↓↓↓

翻訳ツール



sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。