Fashion Product [ファッション総合情報サイト]

10代,20代,30代,40代向けのレディースファッションの総合サイト

クローズアップ現代、ガイアの夜明けに株式会社Shoichiが取り上げられ ました。 by PR TIMES

time 2018/11/09

クローズアップ現代、ガイアの夜明けに株式会社Shoichiが取り上げられ ました。 by PR TIMES
Pocket

株式会社Shoichiのプレスリリース(2018.11.09)

報道関係者各位

株式会社Shoichi

クローズアップ現代、ガイアの夜明けに株式会社Shoichiが取り上げられました。

アパレル余剰在庫問題についてメディア取材を受けました。

株式会社Shoichi(本社:東京都千代田区岩本町1丁目4-5 SAKURAビル5F、
代表取締役:山本昌一)は、
9月13日放送のクローズアップ現代、
7月24日放送のガイアの夜明けでメディア取材を受けました。

【HP】
https://shoichi.co.jp/

アパレル業界の余剰在庫問題に注目が集まっている。

Shoichiはアパレル在庫処分会社として、
現在のアパレル業界の余剰在庫問題に寄り添っている。

◆クローズアップ現代  2018年9月13日放送

タイトル:新品の服を焼却!売れ残りの舞台裏

【バックナンバーURL】
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4182/index.html

(株)Shoichi倉庫

(株)Shoichi倉庫

アパレルの余剰在庫は過去最高になっている。

新品のまま焼却処分されるケースもあり、
メディアにも大きく取り上げられている。

背景にはアパレル業界独特の構造がある。

消費者にとって身近な存在である衣服の未来を考える内容となっている。

●新品の服が9割引き! 売れ残りの舞台裏 (株)Shoichi

(株)Shoichiではアパレル在庫を買い取り、
ネットで再販売している。

年間500万点届くアパレル商品は、
10年前と比べ2.5倍に増えている。

再販売する際はアパレルメーカーとの約束を遵守している。

どこのブランドの服か特定されないように、
タグの切り取りを行っている。

(株)Shoichi 山本昌一代表
「在庫商品とか廃棄商品はもちろん少ないほうが健全だから減っていったほうがいいと思うんですけど、
絶対ゼロにはならないので、
僕らみたいな商売はなくならない。

アパレル業界の余剰在庫は増え続けている。

アパレルの供給量は増えているが、
衣服の購入数は横ばいの状態。

結果として、
アパレル余剰在庫が過去最高に上ると見られている。

在庫の買取価格は定価の1割ほど。
原価を割り込む価格でアパレルメーカー担当者が交渉してくる。

赤字を出してでも売れ残りを処分する理由は、
倉庫代などいろいろな経費がかかるからだ。

他にもアパレル余剰在庫を焼却処分する処分場や受注生産でオーダーメイド服を製作し在庫レスの仕組みを作ったメーカーが登場する。

AIによるトレンド分析を提案する企業も紹介され、
ファストファッションについての意見交換がなされた。

◆ガイアの夜明け  2018年7月24日放送

タイトル:『余った服』で『福』が来る!

【バックナンバーURL】
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber4/preview_20180724.html

 

(株)Shoichi倉庫

(株)Shoichi倉庫

国内のアパレルの供給量は近年倍増しているが、
一方で処分されてしまう『余った服』の存在がある。

この余った服を様々な形で取り上げ、
再び『服』として活用する動きがある。

『余った服』に眠るビジネスチャンスをつかもうとする人たちの挑戦を取り上げた内容。

●1着でも無駄にしたくない…アパレル業界の駆け込み寺 (株)Shoichi

(株)Shoichiには毎日のように、
大量の段ボールに入った『新品』の服が持ち込まれる。

倉庫内は30万点を超える服で溢れかえっている。

アパレルメーカーが今、
いちばん頭を悩ませているのが大量の『余った服』だ。

売れ残り、
ほつれなどのB品、
発注ミスによる数量間違い…。

ここに集まる服の理由は様々だが、
すべて『余った服』だ。

アパレルメーカーが恐れるのは、
『ブランド毀損』。

安く販売すれば売り捌けるが、
安価に商品が出回ってしまうと定価で服が売れなくなってしまう。
安売りは絶対に避けなければいけない。

そんな『余った服』を1円でもいいから金にしたい、
(株)Shoichiはそんなアパレル業界の駆け込み寺になっている。

買取金額は定価の1割ほど。

(株)Shoichiでは、
商品のタグを外し、
ブランド名がわからないようにして販売している。

他にも『余った服』の買い手を探すベンチャー企業、
余った服を活用して1点ものの服に生まれ変わらせるセレクトショップが登場する。

【株式会社shoichi】

代表 : 代表取締役 山本 昌一
東京本社:〒101-0032 東京都千代田区岩本町1丁目4-5 SAKURAビル5F
大阪本社:〒541-0054 大阪市中央区南本町2丁目6番5号 ファースト船場 301
事業内容: 法人在庫買取業
URL :
https://shoichi.co.jp/

問合わせ: 06-6258-6112
MAIL: shoichiya@shoichi.co.jp

 

プレスリリース画像ダウンロードhttps://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=35187&release_id=8

当リリースの詳細について

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000035187.html

※このメールは自動送信されていますので、返信はご遠慮ください。

この企業からのメール配信停止
 | 
全メール配信停止
 | 
HTMLメール配信停止

発行:株式会社PR TIMES

Copyright (c) PR TIMES Inc. All Rights Reserved.


Pocket

sponsored link

コメントを残す

みなさまポチッと1票お願いします↓↓↓↓↓↓

翻訳ツール



sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。