Fashion Product [ファッション総合情報サイト]

10代,20代,30代,40代向けのレディースファッションの総合サイト

マイバッグ文化浸透へのアパレル会社のエコな取組み。余り生地を使った草木染 めバッグ作りのワークショップ開催! by PR TIMES

time 2020/06/11

マイバッグ文化浸透へのアパレル会社のエコな取組み。余り生地を使った草木染 めバッグ作りのワークショップ開催! by PR TIMES
Pocket

株式会社ノースオブジェクトのプレスリリース(2020.06.11)

報道関係者各位

株式会社ノースオブジェクト

マイバッグ文化浸透へのアパレル会社のエコな取組み。余り生地を使った草木染めバッグ作りのワークショップ開催!

2020年7月1日より全国でレジ袋有料化がスタート!アパレルショップでもマイバッグ持参を推奨していきます。

■洋服の端切れ生地を使っての草木染めバッグ作りワークショップを開催(6月20日土曜日)

■アパレル会社だからこそ出来る、
余り生地を使ったサスティナブルな取組み

■店舗スタッフは「暮らしのコンシェルジュ」として、
お客様に提案したい暮らしの豊かさを実際に体感する教育を受けている

40代の子育て後半期女性をターゲットにしたブランドLILASIC(リラシク)の直営店「LILASIC」(大阪市西区南堀江)では、
来たるレジ袋有料化に向けて、
マイバッグ文化浸透へ向けた環境に優しいエコな取組みを考え、
社会や環境にもやさしく、
草木の持つ自然の力や形を肌で感じてもらいたく、
草木染体験も兼ねたエコバッグ作りのワークショップを企画しました。

手間をかけ丁寧に作ることで、
愛着をもって長く使える自分だけのエコバッグ。

LILASICを運営している株式会社ノースオブジェクト(本社:大阪府大阪市、
代表取締役:南大助)は、
四季の移ろいにあわせて、
あるものを使って工夫して日常を彩る暮らしを提案しているアパレル会社です。
四季折々の身近なものを使い、
日々使うことで味わいが出てくるというような、
ちょっとした楽しみで暮らしの中の豊かさを感じてもらいたいと思い、
商品やイベントの企画をしています。

2020年7月1日より全国でレジ袋有料化がスタート。

スーパーをはじめとする私たちの日常生活で、
マイバッグ持参が当たり前になる社会となるでしょう。

私たちはアパレルショップや雑貨店でも同じようにマイバッグ文化を浸透させたいと考えております。

帰って捨てるか、
一定期間何度か使用したとしてもやはり捨てる運命のショップバッグ。

アパレルショップにおいても、
近い将来には「袋、
要らないです」が当たり前になればと思います。

 

草木染め体験

草木染め体験

ノースオブジェクトでは、
店舗スタッフのことを「暮らしコンシェルジュ」と呼び、
ノースオブジェクトの想う「豊かな暮らし」をお客様に説得力をもってご提案出来るように、
暮らしコンシェルジュ自身もそのような体験を教育に取り入れ、
大切にしています。
今回、
このワークショップを企画するまでに、
暮らしコンシェルジュ自身も草木染め体験をしに行きました。

実際に体験することでしか体感できないものがあります。

今回、
暮らしコンシェルジュが体験した草木染めにおいても、
草木や枝からどのような色がでるか想像できなかったところ、
自然な色味、
深く味わいのある色味に変化する工程が楽しく、
機械作業が多い中、
ひとつひとつ手作業で手間をかけ丁寧に仕上げていく職人技に感動することができました。

作品が出来上がるまでのワクワク感はなかなか体験できるものではなく、
出来上がり後は愛着感が湧き一層大切にしたい気持ちが増します。

慌ただしく過ぎる日々ですが、
日々の豊かさ、
自然の豊かさをものづくりを通して味わい大事にする、
そのような想いをイベントを通して皆様にもぜひ伝えていけたらと思います。

■今回のワークショップで作るエコバッグの特徴■

リラシクオリジナルのリネン生地の端切れを使用します。

<特徴>
1.余り生地を有効活用することで無駄な廃棄を生まずエコに繋がるサスティナブルな取り組み
2.7/1~レジ袋有料化にともない、
お客様にもエコ活動の一歩を気軽に取り組んでいただける
3.天然素材で染めるため、
水質汚染に繋がらず環境問題にならない
4.草木染は、
日常にある草木や野菜で染められる身近さや季節が移りゆくように、
自然に少しづつ色が落ちていくその過程(経年変化)をも楽しむ心は日々の豊かさにも通じる

■講師にお招きするシガセイサクショさんについて■

草木染めをはじめたきっかけは週末の山遊びで草木の持つ力に魅せられたからだそうです。

シガさんの作る洋服は自身でパターンから縫製をし天然素材の生地をつかい仕立てられているにも関わらず、
価格帯がとてもリーズナブル。
ひとつひとつ手作業でものづくりをされており、
ご自身の利益より相手に喜んでいただけることでやりがいを見出されています。

 

草木染め例

草木染め例

【草木染め オリーブの枝葉で染めるエコバッグワークショップ イベント詳細】

■場所   LILASIC(リラシク)
 住所  大阪市西区南堀江1-15-17ロータリーライフ四ツ橋1F
 電話  06-6643-9880 
■日時   2020年6月20日(土) 1.11:00~13:00 2.14:00~16:00
■参加費  2,800円(税込)
■定員   各回5名
■講師   草木染め作家 シガセイサクショ様

※ワークショップのご予約は店頭・電話・HPにて受付しております。

※申し込み締め切り:6/17(水)18:00
※傷病、
事故紛失等に対し、
自己の責任として本ワークショップにご参加ください。

※新型コロナウイルス感染予防と流行拡大防止のための対策をした上で開催いたします。

なお、
6/11(木)~6/30(火)の期間中、
LILASIC店内では、
「シガセイサクショ 草木染め展」も同時開催しております。

 

プレスリリース素材ダウンロードhttps://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=54710&release_id=26

当リリースの詳細について

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000054710.html

※このメールは自動送信されていますので、返信はご遠慮ください。

この企業からのメール配信停止
 | 
全メール配信停止
 | 
HTMLメール配信停止

発行:株式会社PR TIMES

Copyright (c) PR TIMES Inc. All Rights Reserved.

Pocket

sponsored link

コメントを残す

みなさまポチッと1票お願いします↓↓↓↓↓↓

翻訳ツール



sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。