Fashion Product [ファッション総合情報サイト]

10代,20代,30代,40代向けのレディースファッションの総合サイト

【事例公開】シタテルが老舗ブランド「ささら屋」の商品を引き立てるためにこ だわったユニフォームを製作 by PR TIMES

time 2020/09/07

【事例公開】シタテルが老舗ブランド「ささら屋」の商品を引き立てるためにこ だわったユニフォームを製作 by PR TIMES
Pocket

シタテル株式会社のプレスリリース(2020.09.07)

シタテル株式会社

【事例公開】シタテルが老舗ブランド「ささら屋」の商品を引き立てるためにこだわったユニフォームを製作

~露出の多い駅ナカ店のユニフォームを新調し、多くのお客様にブランドの魅力を発信~

 人・しくみ・テクノロジーで衣服の価値を変えるシタテル株式会社(本社:熊本県熊本市、
代表取締役:河野秀和、
以下シタテル)は、
日の出屋製菓産業株式会社(本社:富山県南砺市、
代表取締役:川合雅之)のブランドの一つである「ささら屋」の魅力を発信するためのユニフォーム製作をサポートいたしました。

▼事例インタビューの全容はこちらからご覧いただけます

https://sitateru.com/case/hinodeya-seika/

露出の多い駅ナカ店のユニフォームを新調し、
多くのお客様にブランドの魅力を発信したい

創業96年になる「日の出屋製菓産業」は、
富山の恵まれた食材を使い、
煎餅やあられを製造・販売する老舗企業です。
今回、
ブランドの一つである「ささら屋」で、
横浜や羽田など多くの人目に触れる機会がある駅ナカや空港へ店舗を出店するにあたり、
「ささら屋」を知らない方へブランド発信を行うためのユニフォームリニューアルの製作のサポートをしました。

商品を引き立てるために、
こだわったユニフォーム

主力商品にも使われている伝統的な和風カラーでもある「藍色」をベースに、
シャープでおしゃれな印象になるように、
襟のラインを工夫しています。
また帽子は、
着心地や顧客とのコミュニケーションを重視し明るい笑顔が見える、
つばのないデザインを採用しています。

 

日の出屋製菓産業株式会社
経営推進本部 松邑 瑠菜様 福澤 徳子様  コメント

今回私達がこだわったのは、
「伝統を大切にしつつ洗練された新しい感覚」のデザインです。

老舗米菓子屋という硬いブランドイメージではなく、
若い人へ「モダン」や「かわいい」という印象を表現したいと思っていましたし、
弊社の「どこにもない商品、
サービスを提供する」というコンセプトを発信するためには、
予算内で、
できるだけオリジナリティを出したいという少し欲張りな思いがありました。

シタテルには、
考え方や予算も含めた課題に対して、
とても良い提案を頂き、
また生地選びから納期まで様々な相談にも乗って頂けました。

▼詳細はこちらから:シタテル導入事例
露出の多い駅ナカ店のユニフォームを新調し、
多くのお客様にブランドの魅力を発信したい

https://sitateru.com/case/hinodeya-seika/

■シタテル株式会社
衣服生産プラットフォーム事業を運営。
「人・しくみ・テクノロジーで衣服の価値を変える」をミッションに掲げ、
衣類の生産インフラを必要とする人々が、
いつ、
どこであっても自由に服をつくることができるようなプラットフォームを提供。
国内を中心とした1,000社の縫製工場・生地メーカー等と連携、
16,000社のブランドやデザイナーが登録している。
(2020年3月1日現在)

〈会社概要〉
・会社名:シタテル株式会社
・代表取締役:河野 秀和
・事業内容:インターネットによる衣服生産のプラットフォーム事業の運営
・資本金:1億円
・従業員数:82名(2020年3月1日現在)
・設立:2014 年3 月   
・本社:〒862-0956 熊本県熊本市中央区水前寺公園28-23 2階
・東京支社:〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-1-19 青葉台石橋ビル8階
・Webサイト:
https://sitateru.com

プレスリリース素材ダウンロードhttps://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=41863&release_id=49

当リリースの詳細について

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000041863.html

※このメールは自動送信されていますので、返信はご遠慮ください。

この企業からのメール配信停止
 | 
全メール配信停止
 | 
HTMLメール配信停止

発行:株式会社PR TIMES

Copyright (c) PR TIMES Inc. All Rights Reserved.

Pocket

sponsored link

コメントを残す

みなさまポチッと1票お願いします↓↓↓↓↓↓

翻訳ツール



sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。