Fashion Product [ファッション総合情報サイト]

10代,20代,30代,40代向けのレディースファッションの総合サイト

【株式会社 ワールド】 「アンタイトル」のPURE SILK COLLECTION (ピュアシルクコレクション) 4月11日(水)から全国12百 貨店で期間限定店舗 by PR TIMES

time 2018/04/11

【株式会社 ワールド】 「アンタイトル」のPURE SILK COLLECTION (ピュアシルクコレクション) 4月11日(水)から全国12百 貨店で期間限定店舗 by PR TIMES
Pocket

株式会社 ワールドのプレスリリース(2018.04.11)

報道関係者各位

株式会社 ワールド

「アンタイトル」のPURE SILK COLLECTION(ピュアシルクコレクション) 4月11日(水)から全国12百貨店で期間限定店舗

“上質を日常で着るよろこびを、すべての女性に” 

ワールドグループの株式会社フィールズインターナショナルが展開するキャリアブランド「アンタイトル」
は、
「PURE SILK COLLECTION(ピュアシルクコレクション)」と題して、
4月11日(水)から順次、
全国の12百貨店で、
厳選された春夏のシルク商品を取り揃える期間限定店舗を展開します。

※開催時期は館により異なります。

「アンタイトル」は、
本物と本質をお客様に伝えたいという思いを“PURE(ピュア)シリーズ”として、
2016年秋に「ピュアカシミヤコレクション」、
2017年夏に「ピュアコットンコレクション」、
昨年秋には「ピュアウールコレクション」として、
全国の百貨店を巡回する形で期間限定店舗を展開してきました。
この“ピュアシリーズ”は、
商品を創り出す原料の生産地にまで、
ブランドのメンバー自らが赴き、
生産者と触れ合い、
良質な原糸や原綿、
原毛ができる風土を体感しながら原料を選定しています。

今回の「シルクコレクション」では、
天然繊維の中でも最も優雅な光沢と発色性に富み、
合繊では得られない豊かな表情を持つシルクの魅力を伝えます。
養蚕業の歴史や産地特性への理解を深めながら、
「シルク=高級素材」という概念が一般的に根づいているからこそ、
期間限定店舗では、
「なぜ上質なのか」という理由と共に、
一つひとつの商品の魅力を伝えます。

◆ブラジル「ブラタク社」の厳しい品質基準をクリアした貴重なシルク
かつてシルクの世界一の輸出国であった日本。
19世紀末に製糸業が衰退すると、
150年に亘り培ってきた技術は日本政府の移民政策によってブラジルに渡りました。
そこで世界屈指の存在に成長を遂げたのがブラタク製糸です。
今回採用した、
最高ランク6A、
5Aのシルクは、
たおやかな光沢としっとりした風合いの一方で、
どこか躍動感を感じさせ、
一般的なシルクよりも節が少なく強度があり、
均一性が高いのが特徴です。
通気性や保温性にも優れ、
すっとなじむような肌心地のよさを実感頂けます。

◆熊本県山鹿市「やまがシルク」を採用した商品も
国内では、
熊本県山鹿市で最先端技術を駆使して、
昨年設立された周年無菌養蚕工場が生み出す「やまがシルク」を採用したスカーフも販売します。
震災からの復興と、
かつて盛んであった養蚕業の新しい可能性を秘めた、
日本が誇るシルクです。

◆「シルク」の美と健康への恩恵も限定店舗で品揃え
限定店舗では、
「やまがシルク」を使用した石鹸や、
セーレン株式会社の「ピュアセリシン™(紫外線や乾燥から蚕を守るシルク由来のタンパク質)」配合のフェイスパウダーやUVミルクの他、
シルク素材のインナーウエアも販売し、
様々なアイテムでシルクの魅力を伝えます。

http://store.world.co.jp/s/untitled/news/brand/17932/

プレスリリース画像ダウンロードhttps://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=2439&release_id=553

当リリースの詳細について

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000553.000002439.html

※このメールは自動送信されていますので、返信はご遠慮ください。

この企業からのメール配信停止
 | 
全メール配信停止
 | 
HTMLメール配信停止

発行:株式会社PR TIMES

Copyright (c) PR TIMES Inc. All Rights Reserved.

Pocket

sponsored link

コメントを残す

みなさまポチッと1票お願いします↓↓↓↓↓↓

翻訳ツール



sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。