Fashion Product [ファッション総合情報サイト]

10代,20代,30代,40代向けのレディースファッションの総合サイト

【株式会社ワコール】 2017年も赤い下着でHappy Newインナー!  赤のパワーを身につけて運気アップ!!

time 2016/11/30

【株式会社ワコール】 2017年も赤い下着でHappy Newインナー!   赤のパワーを身につけて運気アップ!!
Pocket

株式会社ワコールのプレスリリース(2016.11.30)

報道関係者各位

株式会社ワコール

2017年も赤い下着でHappy Newインナー! 赤のパワーを身につけて運気アップ!!

“申年に赤い下着を身につけると健康に過ごせる”という言い伝え(※地方によって諸説あります)から、
2016年は、
赤い下着が話題になりました。

自分のみならず大切な方へのプレゼントにも用いられることもあり、
ワコールでは赤の下着が前年の4倍近い枚数を販売しました。

赤い下着は前向きな気持ちを与えてくれるパワーあふれるアイテムとして、
勝負ごとや気分を上げたい時に身につける定番となっているようです。

また、
海外では“幸運の色”“おめでたい色”とされる赤い下着を新年に身につける習慣が浸透しています。

〈赤い下着のパワ―について、
カラーキュレーターの七江亜紀さんにお聞きしました〉
色は人の行動や自信、
欲求などに大きな影響を与えています。
それぞれの色の持つ意味を知って、
その時の自分に必要な色を味方にすることができれば、
心の状態をコントロールして、
気持ちの切り替えがスムーズにできるようになり、
人生がいい方向へ輝きだします。
肌に直接触れる下着の色は、
人に見えない分、
よりパーソナルな色。
下着に気遣いができているかどうかは、
その人の表情に表れてきます。
その日のシチュエーションに合わせて下着をコーディネイトすることで、
内側から湧き出る自信へとつながっていきます。
“赤い下着”もその特徴を理解して上手く取り入れることで、
あなたをキレイに、
健康に導いてくれるはずです。

それぞれのシーンでの効果的な赤い下着の持つパワーや効果的な取り入れ方をご紹介します。

【健康】
色は視覚だけではなく、
五感で感じるもの。
赤の部屋と青の部屋では体感温度が3℃変わるといわれています。
太陽や火、
血液などを暗示する赤は、
心身の健康に密接につながっている色のひとつ。
落ち込んでいるときは赤の下着で気分転換を。

【恋愛】
赤は恋や愛を連想させ、
より女性らしくさせてくれる色。
いい女としての美意識を育みたい時に力を貸してくれます。
赤の持つパワーが大きいぶん、
主張のある赤い洋服は、
ときに人をイラつかせてしまうことも。
人目に触れない赤い下着から始めてみるのもおすすめです。
キレイになりたい心を呼び起こしてくれます。

【勝負】
赤には、
気持ちを前向きにする必勝の効果があります。
赤は行動を促す色であり、
仕事のプレゼンや勝負をかけたい大切な時に赤の下着の力を借りてみるのも。
自然と背中を押してくれるはずです。
政治家やスポーツ選手がとりいれることも。

ワコールが行った「ゲン担ぎ・開運」に関するインターネット調査(2016年6月1日~6月3日、
全国の20~59歳の男女)の結果では、
赤いパンツを着用している人が多数いました
※8月2日“パンツの日”アンケート結果 
http://www.wacoal.jp/pantsgift/cheer/

また、
へその下3~4cmの位置には、
エネルギーの元と考えられ、
「気」が集まる丹田と言われる重要なツボがあります。
この丹田を意識することで、
自然治癒力や免疫力を高めるとされています。
赤い下着は、
大切な人の健康と幸運を願うギフトとしておすすめです。

大切な行事が多くなる年末年始。
赤のパワーを身につけて運を味方につけましょう!      

〈Wacoal Style〉

http://www.wacoal.jp/style/backnumber/201611/2017-happy-new-inner.html

プレスリリース画像ダウンロードhttp://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=9664&release_id=285

当リリースの詳細について

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000285.000009664.html

 | 

 | 

Pocket

sponsored link

コメントを残す

みなさまポチッと1票お願いします↓↓↓↓↓↓

翻訳ツール



sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。