Fashion Product [ファッション総合情報サイト]

10代,20代,30代,40代向けのレディースファッションの総合サイト

【株式会社三陽商会】 衣料を新しい資源にリサイクルする「EARTH TO W EAR RECYCLE」キャンペーンの実施について by PR TIMES

time 2019/09/04

【株式会社三陽商会】 衣料を新しい資源にリサイクルする「EARTH TO W EAR RECYCLE」キャンペーンの実施について by PR TIMES
Pocket

株式会社三陽商会のプレスリリース(2019.09.04)

報道関係者各位

株式会社三陽商会

衣料を新しい資源にリサイクルする「EARTH TO WEAR RECYCLE」キャンペーンの実施について

地球環境に配慮した事業活動を目指して

三陽商会は、
9月6日(金)より当社製品を対象とした衣料回収キャンペーン「EARTH TO WEAR RECYCLE」を実施いたします。
当社では、
地球環境に配慮した事業活動に向けた取り組みの一環として、
2018年より衣料回収活動をおこなっており、
今回4回目となる取り組みで初めて「EARTH TO WEAR RECYCLE」という企業オリジナルの名称にてキャンペーンを実施いたします。

開催店舗は、
これまでと同様に全国直営店で実施するとともに、
今回より、
当社のブランドを展開する一部の百貨店店舗においても実施を予定しております。

【実施期間・店舗】

1.9月6日(金)~30日(月):全国直営店とマルイで展開する店舗の合計34店舗

2.9月11日(水)~12月1日(日)の任意の期間:当社のブランドを展開する一部の百貨店店舗

(店舗と期間は実施店舗一覧参照)

<衣料回収活動の目的>~未来へとつながる一着を、
あなたと創っていきたい。

「EARTH TO WEAR RECYCLE」は、
不用な衣料品を少しでも回収して、
新しく服をつくるための資源に循環させていく活動です。
期間中に回収した衣料は、
日本環境設計株式会社が展開するリサイクルプロジェクト「BRING」の様々な技術によって新しい服の原料や自動車内装材などに再資源化され、
地球の資源へ循環させます。
不用品が焼却処分される場合に比べてCO2削減に貢献でき、
温暖化防止にもつながります。
当社では、
地球環境に配慮した事業活動に向けた取り組みの一環として、
衣料回収活動を実施しています。

また、
今後に向けて、
回収した衣料品からつくる原料を使用した製品も開発中です。

 

<取り組みの背景>
~地球環境に配慮した事業活動により持続可能な社会を目指す~

三陽商会の「TIMELESS WORK. ほんとうにいいものをつくろう。
」のタグラインは、
社是である「真・善・美」と当社が目指す「いつの時代も変わらぬ価値のあるものづくり」すなわち「時代を超越した価値やサービスを生みつづけていくこと」を表した言葉です。

2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」において、
企業は今まで以上にその事業活動を通じた社会への貢献が期待されています。
エコやサステナブル、
エシカルといった価値観が広く認知される中で、
「いいものづくりをする」ということにとどまらず、
環境や社会や人権などに対する配慮が事業運営に求められるようになっています。

当社においても、
事業活動に関連する「SDGs」の目標実現に向けた取り組みのひとつとして、
目標12:「つくる責任、
つかう責任」をもとに衣料回収キャンペーン「EARTH TO WEAR RECYCLE」を実施し、
社会的課題の解決と未来創造の視点を携えた「持続可能な社会の実現」に繋がる事業運営へと歩みを進めていきたいと考えます。

~限りある地球の資源を守るために~

「EARTH TO WEAR RECYCLE」は、
不用な衣料品を少しでも回収して、
新しく服をつくるための資源に循環させていく活動です。

私たちは「生活者」と「社会」から必要とされる企業になるためにできることとは何かと自問しながら、
「できることから」取り組んでまいります。

<「EARTH TO WEAR RECYCLE」名称の由来>

三陽商会では、
生活者との交流を通してサステナブルでエシカルな社会を考え、
共に学んでいく事を目的とした「EARTH TO WEAR」プロジェクトを2017年に開始し、
残布を活用したワークショップ等を開催してきました。

今回衣料回収キャンペーンを企業オリジナルの名称で実施するにあたり、
この活動は「EARTH TO WEAR」プロジェクトの目的と合致すると考え、
キャンペーンの名称を「EARTH TO WEAR RECYCLE」とすることにいたしました。

 

■実施店舗一覧は下記URLに掲載。
随時更新しています。

https://www.sanyo-shokai.co.jp/brand/news/2019/09/earth-to-wear-recycle-190904.html

■回収方法と注意点について

期間中、
全国の三陽商会の対象店舗に衣料回収BOXを設置、
お客様の不用になった三陽商会製品を回収いたします。
(店舗によっては、
スタッフが衣料をお預かりする場合もございます。
)  

回収はお一人様10点までとさせていただきます。

お引き取りしました衣料の返却はいたしかねます。
(ポケット等に残っていた物品については、
一切の責任を負いかねます。

靴・鞄・ベルト等の雑貨、
ファー等の皮革製品、
破損・汚損している衣料は回収対象外となります。

■クーポンの進呈について

回収1点につき1,000円分のクーポンを進呈。
10,000円(税抜)以上のお買い物ごとに1枚がご利用いただけます。

クーポンが使用できる店舗は下記の通りとなります。

全国直営店とマルイで展開する店舗の合計34店舗:クーポンは34店舗全てで使用可能

当社のブランドを展開する一部の百貨店店舗(店舗と期間は実施店舗一覧参照):クーポンは回収衣料をお持ち込みいただいた百貨店内の三陽商会全店舗にて使用可能

クーポンは割引商品・セール品・配送料・修理代にはご利用いただけません。

クーポンは現金とのお引き換えはできません。

サンヨーメンバーシップポイントとの併用はできません。

■三陽商会の「衣料回収キャンペーン」 過去の取り組み期間と店舗

<1回目>2018年6月1日(金)~7月31日(火):三陽銀座タワー(現:GINZA TIMELESS 8)
<2回目>2018年11月1日(木)~30日(金):全国直営店9店舗
<3回目>2019年5月24日(金)~6月24日(月):全国46店舗
<4回目(今回)>
1. 2019年9月6日(金)~30日(月):全国直営店とマルイで展開する店舗の合計34店舗
2. 2019年9月11日(水)~12月1日(日)の任意の期間:当社のブランドを展開する一部の百貨店店舗

■「BRING(ブリング)」について

日本環境設計株式会社が運営する「BRING」は、
繊維製品を地球の資源へとリサイクルするために、
様々な企業同士が連携し、
お客さまと一緒になって取り組むプロジェクトです。
プロジェクトの参加企業は、
お客さまが店頭などに持ち込んだ繊維製品を回収し、
服の原料や自動車内装材などにリサイクルします。
公式サイト :
http://bring.org/

 
 

プレスリリース素材ダウンロードhttps://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=9154&release_id=304

当リリースの詳細について

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000304.000009154.html

※このメールは自動送信されていますので、返信はご遠慮ください。

この企業からのメール配信停止
 | 
全メール配信停止
 | 
HTMLメール配信停止

発行:株式会社PR TIMES

Copyright (c) PR TIMES Inc. All Rights Reserved.


Pocket

sponsored link

コメントを残す

みなさまポチッと1票お願いします↓↓↓↓↓↓

翻訳ツール



sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。