Fashion Product [ファッション総合情報サイト]

10代,20代,30代,40代向けのレディースファッションの総合サイト

【H&M】 リサイクル・テクノロジーの飛躍的進歩:アパレル業界最 大の挑戦である混紡布地の繊維リサイクルがついに実現、日本の大学も参戦 by PR TIMES

time 2017/09/15

【H&M】 リサイクル・テクノロジーの飛躍的進歩:アパレル業界最  大の挑戦である混紡布地の繊維リサイクルがついに実現、日本の大学も参戦 by   PR TIMES
Pocket

H&Mのプレスリリース(2017.09.15)

報道関係者各位

H&M

リサイクル・テクノロジーの飛躍的進歩:アパレル業界最大の挑戦である混紡布地の繊維リサイクルがついに実現、日本の大学も参戦

H&Mの非営利財団、
H&M Foundation (H&Mファウンデーション) とHKRITA(香港繊維アパレル研究開発センター)は、
4年間の革新的なパートナーシップ「循環型アパレル・リサイクル・エコシステム・プログラム(Closed-Loop Apparel Recycling Eco-System Program)」において、
科学的熱水処理で品質を保ちながら、
混紡布地(=2種類以上の質の違う繊維を混ぜて作られた布地)を、
新しい布地や糸にリサイクルする技術開発に成功しました。
この技術は、
今後、
世界中のファッション業界での実用化に向けて開発が進みます。
アパレル業界最大の挑戦である、
混紡布地製品のリサイクルがついに実現したことは、
廃棄物ゼロの「100%循環型ファッション業界」を目指すことにおいて飛躍的前進と言えます。

(写真左)HKRITA 最高経営責任者、
エドウィン・ケー  (写真右)H&M Foundation プロジェクトマネージャー、
エリック・バン

(写真左)HKRITA 最高経営責任者、
エドウィン・ケー  (写真右)H&M Foundation プロジェクトマネージャー、
エリック・バン

「とても長い間、
ファッション業界は衣服の大半をリサイクル出来ずにいました。
混紡布地を分解し再生利用可能にするこの革新的な開発技術は、
状況を一変する可能性を秘めています。
H&Mのお客様が店舗に持ち込んで下さった古着が、
HKRITA主導のこの重要な研究を実現させました。
この技術開発をさらに推し進め、
市場で実際に普及される日を楽しみにしています。
」(H&M Foundation プロジェクトマネージャー、
エリック・バン)

H&M Foundation とHKRITAのこの4年間のパートナーシップの目的は、
混紡繊維の衣類をリサイクルする技術を少なくとも1つ考案することです。
パートナーシップを結んでから1年目に、
HKRITAは、
日本の愛媛大学と信州大学の協力を得て、
コットンとポリエステルの混紡繊維製品を分離しリサイクルする、
科学的熱水処理手法を開発することに成功しました。
再生したポリエステルは、
品質劣化も無く、
そのまま再利用が可能です。
この熱水処理では、
コットンとポリエステルの自己分離に、
熱、
水、
5%以下の生物分解性の無公害薬品のみが用いられます。
この布地から布地のリサイクルは、
コスト・パフォーマンスが高く、
環境に対する2次汚染を引き起こすことも無く、
再生された素材の長期間の持続的利用を可能にします。

「使用済みのテキスタイルを、
新しく価値のあるテキスタイルに作り替えることで、
人口が増加し続ける中で天然資源に頼りながら衣服を作る必要がなくなります。
これは、
ファッション業界において飛躍的進歩ともいえます。
」(HKRITA 最高経営責任者、
エドウィン・ケー)

2016年9月、
H&M FoundationはHKRITAと協力して、
580万ユーロ(約7.5億円)の寄付金を用いて、
一連のリサイクル研究プロジェクトの開発に取り組むことになりました。
HKRITA が研究の運営を管理し、
さらに研究から得た成果の市場利用を目指します。
香港特別行政区政府のイノベーション・テクノロジー基金 (The Innovation and Technology Fund) も、
相当額の研究資金と支援を提供しています。
4年間 (2016-2020)で、
プロジェクト投資額は3000万ユーロ(約39億円)に達すると見られ、
テキスタイル・リサイクルにおいて、
史上最大規模で包括的な取り組みの1つとなります。

このテクノロジーは、
市場での実用化に向けて、
今後も改善と拡大のための研究が継続されます。
そして多くの市場で最大限の効果をもたらすために、
このリサイクル・テクノロジーは幅広くライセンス供与される予定です。
環境のみならず、
人々と社会にとって有益な技術となることが期待されます。

H&M Foundationからの寄付金額は、
H&M Foundationに寄付される、
世界中のH&M店舗で実施している古着回収プログラムの余剰金によって決まります。
寄付金の半分は、
繊維製品リサイクルの研究に充てられます。
現在までに、
H&M FoundationはHKRITAに160万ユーロ(約2.1億円)を寄付しています。

処理前の2種類の混紡布地(両方ともポリエステルとコットンの混紡)

処理前の2種類の混紡布地(両方ともポリエステルとコットンの混紡)

熱水処理化学装置

熱水処理化学装置

 

熱水処理後取り出されたポリエステル(コットンは別にセルロースとして抽出)

熱水処理後取り出されたポリエステル(コットンは別にセルロースとして抽出)

 ■H&M Foundationとは

ファッションブランドH&Mの創業者であり主要オーナーであるステファン・パーソン一族が設立した世界規模の非営利財団。
そのミッションはコミュニティや人々、
革新的なアイデアに投資することで長期的にプラスの変化を生み出し、
生活環境を改善することです。
世界中の重要な組織と提携し、
「教育」、
「清潔な水」、
「平等」、
「地球の保護」という4つの分野に変化をもたらしことを目指します。
また、
緊急支援にも注力しています。
ステファン・パーション一族は2013年以来、
11億スウェーデンクローナ(1億5400万ドルまたは1億2300万ユーロ相当)を財団に寄付しました。
詳細については、

http://www.hmfoundation.com
をご覧ください。

■HKRITAについて

HKRITA(香港繊維アパレル研究開発センター)は、
2006年に創設された、
公的資金を受けた応用研究センターです。
香港特別行政区政府のイノベーション・テクノロジー基金に資金援助を受けている、
5つの応用研究センターの1つです。
HKRITAは、
繊維・衣料業界を支援し、
サステイナブルな改善を推進し、
社会の向上を促進するための、
ミッドストリーム、
ダウンストリームの応用研究に携わっています。
詳細については、

http://www.hkrita.com/about-us
をご覧ください。

■イノベーション・テクノロジー基金(ITF)とは

イノベーション・テクノロジー基金 (ITF) は、
イノベーション・テクノロジー委員会によって運営され、
経済活動の付加価値、
生産性、
競争力を高めることを目指しています。
香港特別行政区政府は、
ITFを通じて、
香港企業のテクノロジーレベルの向上、
ビジネスへの革新的なアイデアの採用を、
推奨、
支援することを願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレスリリース画像ダウンロードhttps://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=11958&release_id=162

当リリースの詳細について

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000162.000011958.html

※このメールは自動送信されていますので、返信はご遠慮ください。

この企業からのメール配信停止
 | 
全メール配信停止
 | 
HTMLメール配信停止

発行:株式会社PR TIMES

Copyright (c) PR TIMES Inc. All Rights Reserved.

Pocket

sponsored link

コメントを残す

みなさまポチッと1票お願いします↓↓↓↓↓↓

翻訳ツール



sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。