Fashion Product [ファッション総合情報サイト]

10代,20代,30代,40代向けのレディースファッションの総合サイト

【株式会社UNITED NUDE JAPAN】 《新型コロナウイルス感染予防対策へ協 力しているファッション小売店を支援したく、救済策を求める要望書への賛同者 を募っています》 by PR TIMES

time 2020/05/27

【株式会社UNITED NUDE JAPAN】 《新型コロナウイルス感染予防対策へ協 力しているファッション小売店を支援したく、救済策を求める要望書への賛同者 を募っています》 by PR TIMES
Pocket

株式会社UNITED NUDE JAPANのプレスリリース(2020.05.27)

報道関係者各位

株式会社UNITED NUDE JAPAN

《新型コロナウイルス感染予防対策へ協力しているファッション小売店を支援したく、救済策を求める要望書への賛同者を募っています》

株式会社ユナイテッドヌードジャパン代表取締役の青田行が発起人になり、
株式会社イーストランド代表取締役 島田昌彦など複数の賛同者の元、
署名活動を5月8日より開始。
現在5000人近くの賛同が集まり注目が高まっています。

☆署名活動の詳細に関して詳しくは下記の署名リンクサイトをご参照ください。

http://chng.it/8Xv5yVVDq2

経済産業省は、
4月末に成立した補正予算に組み込まれた「GO TOキャンペーン」内で、
ファッション関連商品の需要振興を行っていく考えがあると明かした。

同キャンペーンは新型コロナウイルス感染症拡大を受けた緊急経済対策の一環で、
観光業、
飲食業、
イベント等に対する支援として1兆6794億円が計上されている。
具体的には、
旅行や飲食店を予約する際に使えるクーポンを発行するといったことが発表されていたが、
「その中でファッション商品購入の際に使用できるクーポンも構想している」(経済産業省商務・サービスグループの三牧純一郎 クールジャパン政策課長)という。
クーポン使用の対象は、
企業規模やブランドの大小を問わず、
ファッション商品全般で検討しているという。
こうした考えは、
「ユナイテッド ヌード(UNITED NUDE)」日本法人の青田行社長とイーストランド島田昌彦社長が、
5月18日に牧原秀樹経済産業副大臣や自民党の福田達夫衆議院議員、
経産省の担当者などと面会した際に明かされたもの。
青田社長、
島田社長らは、
ファッション小売業支援のためのオンライン署名活動を8日にスタートし、
「GO TOキャンペーン」を例にあげつつ「ファッション小売業が政府の支援の枠組みから漏れている」(青田社長)現状や、
「業種を限らない経済活性化策が必要」と訴えていた。
そうした声を受けて、
ファッションの需要振興策が検討されることになった。

当活動に関しては以下時系列にて詳細をご参照ください。

<活動経過詳細>

5月

6

青田行が、

内閣総理大臣

要望4項目を含む

嘆願書

を提出

*内閣総理大臣への嘆願書全文は下記リンクよりダウンロードお願いいたします

https://prtimes.jp/a/?f=d59084-1-pdf-1.pdf

5月10日

要望文脈

一部修正

1ヶ月以上にわたる国民の自粛継続の効果もあり、
新型コロナウイルス新規感染者が一時的に減少、
又未確認の地域も出てきている中、
各都道府県にて自粛要請解除に向けた動きが活発化した状況を踏まえ、
発起人青田行の要望のうちの1つであった「自粛要請対象業種への追加」を5月10日時点にて取り下げ削除し、
今後お店を開けた後の前向きな「経済活性化刺激策の要望」を新たに追加した。

5月11日 

参議院館にて、
要望を伝える

参加者は福田達夫衆議院議員と山田美樹衆議院議員自民党経済産業部会長代理、
経済産業省から生活製品課、
クールジャパン政策課、
消費流通政策課、
中小企業庁金融課企画官など6名の方々に要望を伝えた。

 

5月18日 

新たな動き

発起人の青田行と、
賛同者の島田昌彦は経済産業省にて牧原秀樹 経済産業副大臣、
福田達夫 衆議院議員、
三浦瑠麗(株式会社山猫総合研究所代表取締役)、
経済産業省 クールジャパン政策課・生活製品課・副大臣秘書官の方々と話し合いを設け、
賛同者の署名を手渡し要望をあらためて一つ一つ説明。
特に「特定の業種に限った経済支援策よりも、
業種を問わない幅広い経済政策」を下記の理由から強く要望した。

・私達お客様は幅広い業種の顧客様に支えられている事
・私達はお店を開ける事がゴールではなく、
お客様の「心の自粛を解除」して頂き、
普段通りの経済活動(お買い物)をして頂ける様になって初めてリ・スタートラインに立てる事
・ダメージを受けられている多くの方々はしばらくは難しいが、
実際に公務員の方々や今の需要を受けられている方々もおみえになり、
その様な方々も消費をひかえてしまっている事
・緊急事態宣言の解除と共にダメージの少ない方々から順次経済活動を再開して良いというメッセージを政府レベルから出して欲しい事
これらの事から、
「心の自粛を解除する」要望を一番最初に上げた。

 

左から株式会社ユナイテッドヌード ジャパン代表取締役 青田社長、
牧原秀樹 経済産業副大臣、
株式会社イーストランド代表取締役 島田社長
 

 

5月25日

「緊急事態宣言」が全面解除されましたが、
引き続き署名活動も継続し、
残りの要望も実現へ向けて多くの方のご協力、
ご賛同そして情報の拡散を募っています。
  

発起人
青田行 株式会社ユナイテッドヌード ジャパン代表取締役

賛同者

島田昌彦   株式会社イーストランド代表取締役
大澤武徳   株式会社ファッションコアミッドウエスト副社長
三浦ふさこ  株式会社マギークープ代表取締役
市村美香   株式会社メイクス取締役
内田メグ   株式会社エム代表取締役

プレスリリース素材ダウンロードhttps://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=59084&release_id=1

当リリースの詳細について

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000059084.html

※このメールは自動送信されていますので、返信はご遠慮ください。

この企業からのメール配信停止
 | 
全メール配信停止
 | 
HTMLメール配信停止

発行:株式会社PR TIMES

Copyright (c) PR TIMES Inc. All Rights Reserved.

Pocket

sponsored link

コメントを残す

関連記事

みなさまポチッと1票お願いします↓↓↓↓↓↓

翻訳ツール



sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。