Fashion Product [ファッション総合情報サイト]

10代,20代,30代,40代向けのレディースファッションの総合サイト

【株式会社ビーズインターナショナル】 X-girlがスケートライン第2弾を リリース by PR TIMES

time 2018/11/13

【株式会社ビーズインターナショナル】 X-girlがスケートライン第2弾を リリース by PR TIMES
Pocket

株式会社ビーズインターナショナルのプレスリリース(2018.11.13)

報道関係者各位

株式会社ビーズインターナショナル

X-girlがスケートライン第2弾をリリース

スケートボードブランド「GIRL-skateboards”(ガールスケートボード)」とのコラボレーションも発売

レディース ストリート ウエア ブランド「X-girl(エックスガール)」は、
スケートボードウエアライン

『#1 X-girl skateboards (ナンバーワン エックスガール スケートボード)』を全国の店舗およびオンラインサイトで発売。

 

ブランドがスタートした1994年当時に、
創設者であるキム・ゴードンが掲げた、
「X-girl is #1」というメッセージが描かれたフラッグから「#1(ナンバーワン)」と名づけられた本ライン。

第2弾として、
1993年にスタート以来、
世界中のスケーターから支持を集めるスケートボードブランド「GIRL-skateboards”(ガールスケートボード)」と、
X-girlによるスケートボードライン「#1(ナンバーワン)」とのコラボレーションを含むカプセルコレクションをリリース。

ガール スケートボードは、
フォトグラファー・脚本家・映画監督であるスパイク・ジョーンズ、
プロスケートボーダーのマイク・キャロルとリック・ハワード、
そしてメーガン・ボルティモアの4人が立ち上げたブランド。
創業から20年以上たった今も、
多くのスケーターたちに愛され、
2012年に発売したDVD『PrettySweet』をスパイクが監督を務めたことで、
話題となった。

#1 X-girl skateboards

#1 X-girl skateboards

#1 X-girl skateboards

#1 X-girl skateboards

両ブランドのメインアイコンや、
ロゴを組み合わせたグラフィックを各アイテムにプリントし、
スケートには欠かせないデッキやコーチジャケットをはじめ、
L/S TEE、
スウェットフーディ―、
ボタンダウンシャツなどのオーセンティックなアイテムをバリエーション豊かにラインナップ。

キャンペーンビジュアルにはたニューヨークを拠点に活動するガールズスケートクルー『The Skate Kitchen(ザ スケート キッチン)』をモデルに起用。

 

#1 X-girl skateboards

#1 X-girl skateboards

#1 X-girl skateboards

#1 X-girl skateboards

#1 X-girl skateboards

#1 X-girl skateboards

#1 X-girl skateboards

#1 X-girl skateboards

#1 X-girl skateboards

#1 X-girl skateboards

#1 X-girl skateboards

#1 X-girl skateboards

 

撮影:深田みゆ

The Skate Kitchen(ザ スケート キッチン)

https://www.instagram.com/theskatekitchen/

サイトURL:
http://www.x-girl.jp/

■お問い合わせ
X-girl store
03-5772-2020

プレスリリース画像ダウンロードhttps://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=18225&release_id=35

当リリースの詳細について

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000018225.html

※このメールは自動送信されていますので、返信はご遠慮ください。

この企業からのメール配信停止
 | 
全メール配信停止
 | 
HTMLメール配信停止

発行:株式会社PR TIMES

Copyright (c) PR TIMES Inc. All Rights Reserved.


Pocket

sponsored link

コメントを残す

みなさまポチッと1票お願いします↓↓↓↓↓↓

翻訳ツール



sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。